読み込み中 . . .
loading
中止

論文200字紹介

話題の論文を200字以内で紹介するコミュニティです。最近読んだ論文について簡単に皆に共有しましょう。※論文のタイトルやURL、DOI等の引用をお願いします

※ 記事の投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する
Cell. 2015 Apr 23;161(3):661-73. doi: 10.1016/j.cell.2015.03.003. Human Gene-Centered Transcription Factor Networks for ...
イメージングでPLANT CELLに載るのは珍しい。 アクチン繊維と微小管の構造と動態を観察し、繊維の核重合と伸長は相互に依存していることを示唆。アクチン断片の微小管に沿ったTravelingが提唱された! Live cell imagin...
自然界に存在するすべての生物のDNAは、アデニン、シトシン、グアニン、ウラシルの4種の核酸によって構成される。DNAの二重螺旋構造中では、アデニンはウラシルと、シトシンはグアニンと塩基対を形成して遺伝情報を保存する。今回、筆者らが以前開発し...
出芽酵母の出芽機構は厳密に制御されている。一倍体酵母では、一世代前に出芽した位置のすぐ隣から出芽し、過去の出芽部位からは出芽しないことが知られているが、その分子機構や生理学的意義は未解明だった。 今回筆者らは、Nba1およびNis1タンパク...
自家不和合性による細胞死にアクチン繊維と微小管の崩壊が重要。さらに、アクチン繊維を安定化させると、微小管の崩壊が抑制される(花粉管の場合、逆は成り立たないよう) Microtubules are target for self-incomp...
花成の短い総説。添付した図のように、久しぶりに蛋白質の相互作用を意識した。環境要因が全てFT蛋白質の発現レベルに統合される。統合される仕組みの解明が今後重要と思う。多年草はFT発現時期の調整がさらに複雑か…。 FT, a mobile de...
FT蛋白質(20KD)を、GFP(27KD)よりも干渉が少ないと思われるT7で標識してます。さらに、HSPのプロモータで発現を誘導することにより、これまでより厳密に、FT蛋白質が花成を誘導しフロリゲンの重要な構成要素であることを主張していま...
花成(flowering)の勉強をしています。今日はとりあえずエッセンスを。花成に重要な環境要因は長日条件と温度。昔から言われていたフロリゲンはFTタンパク質が有力視されている。師部で翻訳されたFTが茎頂に運ばれFDとともにAP1を制御する...
アクチン束に近接したゴルジ体は移動速度が増加。また、網目状のアクチン周囲は速度が低い。細い繊維には蛋白がひしめき合い、ミオシンの結合箇所が残されてない、との考察がおもしろい。定量化をもっと頑張れば、さらに良い論文になるのにな、と思った。 G...
アクチン繊維の可視化によく使われるABD2とLifeact。これら(GFP-ABD2とLifeact-Venus)の細胞への影響を比較した論文です。Lifeact-Venusは発現量に気をつければエクセレントとの主張だが…明らかに束化してる...