読み込み中 . . .
loading
中止

ISMB/ECCB 2015読み会

バイオインフォマティクス

ISMB/ECCB 2015読み会 バイオインフォマティクス
PDFを閲覧する (要ログイン)

投稿情報

No.105
投稿者 Yoshihiro Taguchi Yoshihiro Taguchi
大学名

学部/研究科

研究室名

概要説明

https://atnd.org/events/67558

DOI
報告

コメントをお書きください

6 Comments
  • 2ページ目の不等号の向きが逆です。正しくはN≪dです。まだ間違いがあるかも。

    2015.08.05 10:31 ·不具合が発生しました.報告する
  • この勉強会たのしそうですね!福永さんが管理人!!

    2015.08.08 01:19 ·不具合が発生しました.報告する
  • いらっしゃいませんか?

    2015.08.08 06:46 ·不具合が発生しました.報告する
  • MY6

    このrMKL-LPP法(?)によって従来よりも短時間で精度よくクラスタリングできるようになったということですが、この論文で検出されたガンのサブタイプは、生物学的に解釈可能なものなのかという点まで踏み込んでいるのでしょうか?生物屋としてはそこら辺が気になるところです。

    2015.08.08 11:31 ·不具合が発生しました.報告する
  • そこはこういう手法の弱点だと思います。マルチカーネルを使って高次元化して、その空間で更に射影をとるという複雑なことをしているので、各クラスターの特徴量を導出するのはほぼ不可能です。生物学的な意味の判別は難しいと思います。

    2015.08.08 12:58 ·不具合が発生しました.報告する
  • 次回予定合えば参加したいですmm

    2015.08.10 22:35 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する