読み込み中 . . .
loading
中止

再帰的に成長と分裂を行える人工細胞モデルの構築

合成生物学

再帰的に成長と分裂を行える人工細胞モデルの構築 合成生物学
PDFを閲覧する (要ログイン)

投稿情報

No.115
投稿者 Taiga Izumi Taiga Izumi
大学名

大阪大学

学部/研究科

情報科学研究科

研究室名

概要説明

 2011年に報告された「リポソーム内で増幅されたDNAが作用することによって、リポソームが成長・分裂を行う系」に関する研究と、2015年に発表されたその続報をご紹介します。
 この人工細胞モデルのウリは、実在する細胞と同様に“遺伝情報の複製”と“器の自己生産”が連動して起こっている点です。2011年の報告では「内部基質の枯渇」によって器(リポソーム)の自己生産は1度しか起こせませんでしたが、2015年の報告では“ある手法”によってそれを克服し、複数世代にわたって自己生産を起こさせることに成功しました。

DOI
報告

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する