読み込み中 . . .
loading
中止

出芽酵母の位置記憶は寿命を延ばす

遺伝学

出芽酵母の位置記憶は寿命を延ばす 遺伝学
PDFを閲覧する (要ログイン)
投稿者 MY6 MY6
大学名

東京大学

学部/研究科

新領域創成科学研究科

研究室名

生命応答システム

概要説明

出芽酵母の出芽機構についての最新論文を紹介。
出芽酵母は出芽によって増殖するが、出芽する部位は厳密に制御されている。
一倍体酵母の場合は前回出芽した位置のすぐ隣から出芽(axial budding)し、過去の出芽部位と重なることは決して起こらない。この現象は古くから知られていたが、その分子機構は謎であった。
今回、この「同じ部位からの再出芽」を避けるメカニズム、そしてその生理的意義について迫ったナイスな論文を紹介します。

P.S.スライドサイズを間違えて作ってしまった為、横長のスライドになってしまいました。ごかんべんをw

DOI
  1. Meitinger, F., Khmelinskii, A., Morlot, S., Kurtulmus, B., Palani, S., Andres-Pons, A., … Pereira, G. (2014). A Memory System of Negative Polarity Cues Prevents Replicative Aging. Cell, 159(5), 1056–1069. doi:10.1016/j.cell.2014.10.014
  2. Tong, Z., Gao, X.-D., Howell, A. S., Bose, I., Lew, D. J., & Bi, E. (2007). Adjacent positioning of cellular structures enabled by a Cdc42 GTPase-activating protein mediated zone of inhibition. The Journal of Cell Biology, 179(7), 1375–1384. doi:10.1083/jcb.200705160
  3. Meitinger, F., Richter, H., Heisel, S., Hub, B., Seufert, W., & Pereira, G. (2013). A Safeguard Mechanism Regulates Rho GTPases to Coordinate Cytokinesis with the Establishment of Cell Polarity. PLoS Biology, 11(2), e1001495. doi:10.1371/journal.pbio.1001495
報告

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する